ブログ

ストレングスファインダー®の資質「規律性」の特徴と活かし方

今回は、「規律性」の資質について解説します。

「規律性」の特徴


「規律性」は、実行力の資質です。

「規律性」は、物事を習慣化、ルーティン化することが得意な資質です。

「規律性」上位の人は、「これをやる」と決めたことは苦もなく続けることができます

「規律性」を持っていない人にとっては、“どう続けるか”が課題であるのに対し、「規律性」上位の人は、むしろ続けないことが気持ち悪く、ストレスになるのです。

「適応性」上位で行き当たりばったりな私にとっては、まったく理解できない感覚でうらやましくもあります。

ルーティン化で思い出すのは、イチロー選手ですね。

打席に入った時の動作もルーティン化されているし、試合後の道具のメンテナンスが徹底されているところにも「規律性」を感じます。

「規律性」の人が習慣化、ルーティン化にこだわるのは、必要ないところに思考のエネルギーを使いたくないからだと私は思っています。

言い換えれば、思考を出来るだけシンプルに保ちたいのだと思います。

スティーブ・ジョブズが常に同じ服を着ていたのは有名な話しですが、彼にとっては今日何を着ていくかについて迷うのは、思考を無駄なことに使うことだと認識していたのでしょうね。

同じような意味合いで、「規律性」の人は、一度決めた手順、スケジュールに忠実に則り動くことを好みます。

ここも、場当たり的な「適応性」や、飽きっぽい「着想」とはある意味対極にある部分です。

決して場当たり的に思いつきで対応を取るのではなく、予め先が見通せていることが大事なのです。

「規律性」上位の人は、物事が混沌としている状態を好まず、一定の秩序を保っていることを好みます。

混沌とした状態の中では思考も複雑になりますからね。

「規律性」の人は、使ったものは必ず元に戻すということを徹底しています。

”使ったら元に戻す”を徹底していれば“探す”という無駄な時間を排除できるからです。

「規律性」の人は、整理整頓が徹底していて、例えば部屋がすごくきれいに保たれている人が多いのは事実だと思いますが、必ずしも全員がそうだとは限りません。

”きれいな状態”を求めているわけではなく、そこに”秩序”があることが大事なのです。

一見するとすごく汚くてごちゃごちゃしているのに、モノを動かされるのを極端に嫌う人もいますよね。

そういう人は、どこに何が置いてあるかをすべて把握していてその配置でないと気持ち悪いのです。

そういう意味では、それがその人にとっての”秩序立っている”状態なのでしょうね。

「規律性」のベースメント(弱み使い)


「規律性」のベースメント(弱み使い)は、変化に対し抵抗感が出ることです。

急な予定変更が重なると、ストレスになると思います。

「規律性」を持つ人がメンバーにいる場合は、変更がありそうな時には可能な限り早めに伝えてあげるようにしてください。

「規律性」上位の人が、必ずしも周囲に自分と同じようにルーティン化することを求めるわけではありません。

あくまで自分自身が秩序だった環境の中で生活したいのであって、他者にそれを強要するわけではありません。

しかしながら、周囲の人が使ったものを元に戻さず毎回探さないといけない状況にあるのはストレスとなり、その意味でそういう人に対しイラつくことはあると思います。

上述したように、自分と違う資質を持つ人は、自分のように環境を秩序だったものにすることが得意ではないし、もっと言えば変化があること(アレンジ、適応性)や混沌としている状態(着想)を好むことすらあるのだということを知っておきましょう。

その上で、自分がなぜ秩序だった状態を求めるのかを周囲に説明し、理解してもらいましょう。

どんな資質でもそうですが、相互理解が大事ですね。

「規律性」上位の人が、常に何が起こるかわからないような環境にいることは基本苦手かもしれません。

でも、そういう環境はまったく向いていないかと言えば必ずしもそうではないと思います。

変化、変更があった時に何をどうするか、どういう順番で何をやるのかを手順化しておくことで、変化に対応するということに対してルーティン化することも可能なのではないかと思います。

「規律性」とは


「規律性」は、様々なものが複雑に絡み合い混沌とした世の中に秩序をもたらす資質です。

決めたことを、日々繰り返し積み上げやり遂げることの偉大さを教えてくれます


文責 ギャラップ社認定ストレングスコーチ 知識茂雄

オンライン資質理解講座シリーズ全17回(全34資質)

資質の一つひとつの理解を深めていくオンライン講座です。

【こんな方へ】
☑自分が上位に持つ資質について深く知ることで、自己理解を深めたい。
☑自分の上位にない資質について深く知ることで、自分とは違う他者の理解を深めたい。

毎回思考の意味合いが対極にあるように感じられるもの(お互い真反対の資質はありません)、何となく似ていそうで区別がつきづらいもの同士で二つずつを取り上げ、それらを対比させることでより理解が深まります。

オンライン講座は、基本固定開催(隔週開催)としますが、参加できなかった回については録画映像、録音音声を後日配信しますので、学びを取り逃がす心配がありません。

日時:2018年8月21日(火)~2019年4月2日(火) 各21:00-22:00
方法:Zoom(オンライン講座)
講師:知識茂雄(ちしきしげお)
   株式会社ハート・ラボ・ジャパン代表
   ギャラップ認定ストレングスコーチ
料金:50,000円(全17回の講座参加費及び録画映像、録音音声視聴含む)
ストレングスファインダー®は、診断したのみで活かせるものではありません。一つの資質のみならず、それらの組み合わせによってどんな思考、感情、行動のパターンが出来上がっているのかを理解し、そのパターンゆえの強みを活かしつつ弱みに対処していく必要があります。ストレングスファインダー®の専門家であるギャラップ認定ストレングスコーチが自分の資質を活かして人生を好転させるコーチングを提供します。

<サンプル映像:ストレングスコーチング>


無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

思考を緩め、人間関係を改善し、自分らしく楽に生きる方法を、ほぼ毎日お届けしています。

メルマガ読者限定の特典も提供しています!