Home » ストレングスファインダー®研修

ストレングスファインダー®研修 

ストレングスファインダー®研修

組織にストレングスファインダー®を活用するメリットは、様々あります。

メンバーの強み/弱みを的確に把握でき、強みを活かし合う組織づくりが可能となる。
コミュニケーションのすれ違いが減り、組織内のコミュニケーションが活性化される。
リーダー、マネージャが、自分なりの強みを活かしたマネジメントができるようになる。
フォロワーが自分の強みを活かしリーダーをフォローし組織に貢献できるようになる。

弊社では、ストレングスファインダー®を活用した、種々研修を提供しております。

また、ストレングスファインダー®とコーチング、アサーティブを組み合わせることで、より効果的な研修を提供できます。

是非ご用命ください!

お申し込み、お問い合わせは一番下のフォームからお願いいたします。

ストレングスファインダー®研修

①自身の強みを活かし、部下とのコミュニケーションのずれを防ぐマネジメント研修

②強みを活かし合い、弱みを補い合うチームビルディング研修

③自分の強みを活かして主体的、自律的に行動するフォロワーシップ研修

④お互いの違いを理解し尊重しあうアサーティブ・コミュニケーション研修

⑤自分の才能と強みに気づく研修

 

①自身の強みを活かし、部下とのコミュニケーションのずれを防ぐマネジメント研修

対象: マネージャ、リーダークラス
狙い: 自分の資質を強みを活かしたマネジメント、部下と自分の資質の違いを把握した上での
効果的なマネジメント手法を習得する。
効果: ◇自分の才能と強みに気づく
◇部下の才能と強みに気づく
◇自分の強みを活かしたマネジメントを意識する
◇部下の強みを活かしたより生産性の高いマネジメントを意識する
◇自分のマネジメントスタイルが明確になり迷いがなくなる
日数: 2日間
内容: ◆ストレングスファインダー®の活かし方の哲学
◆ストレングスファインダー®の資質の説明
◆ストレングスファインダー®の個人ごと簡易プロファイリング
◆自分の強みを活かしたマネジメント(リーダーシップ)
◆自分の弱みとの折り合いのつけ方
◆自分と部下の思考の違いによるすれ違いのメカニズム
◆コーチングを活かしたマネジメント
プログラム詳細

 

②強みを活かし合い、弱みを補い合うチームビルディング研修

対象: チーム構成メンバー
狙い: 自分の強みをチームにどう役立てるか、他人の強みをどう引き出すかの視点が生まれ、
強みを活かし合い、弱みを補い合うチームを作り上げる。
効果: ◇自分の才能と強みに気づく
◇同僚の才能と強みに気づく
◇自分の強みを活かしたチームへの貢献を意識する
◇同僚の強みの引き出し方を意識する
◇自分の弱みを補ってくれる同僚への頼り方を意識する
日数: 1日間
内容: ◆ストレングスファインダー®の活かし方の哲学
◆ストレングスファインダー®の資質の説明
◆ストレングスファインダー®の個人ごと簡易プロファイリング
◆強みを活かし合い、弱みを補い合うチームビルディング
プログラム詳細

 

③自分の強みを活かして主体的、自律的に行動するフォロワーシップ研修

対象: 若手、中堅社員
狙い: 自身の強みを伸ばし、弱みと折り合いをつけながらリーダーを支援し、組織に
貢献するフォロワーの育成を支援する。
効果: ◇自分の才能と強みに気づく
◇自分の才能ゆえの弱みに気づく
◇自分の才能を強みとして組織に貢献ことを意識する
◇自分とは違う思考の上司とうまくコミュニケーションをとることを意識する
日数: 1日間
内容: ◆ストレングスファインダー®の活かし方の哲学
◆ストレングスファインダー®の資質の説明
◆ストレングスファインダー®の個人ごと簡易プロファイリング
◆組織におけるフォロワーの存在の重要性と役割
◆リーダーとの思考の違いを配慮したコミュニケーション
◆自分の資質を強みとして活かした組織への貢献
◆自分の弱みとの折り合いの付け方
◆自分なりのフォロワーシップ確立のための行動目標
プログラム詳細

 

④お互いの違いを理解し尊重しあうアサーティブ・コミュニケーション研修

対象: どなたでも
狙い: 他者との違いを乗り越えて自分も相手も大切にするコミュニケーションを習得する。
効果: ◇自分の才能と強み/弱みに気づく
◇人の多様性を実感する
◇多様な価値観を持つもの同士のコミュニケーションの難しさを実感する
◇自分も相手も大切にするアサーティブなコミュニケーションを習得する
日数: 1日間
内容: ◆ストレングスファインダー®の活かし方の哲学(レクチャ)
◆ストレングスファインダー®の資質の説明(レクチャ&シェア)
◆ストレングスファインダー®の個人ごと簡易プロファイリング
◆アサーティブの4つの柱(誠実、率直、対等、自己責任)
◆アサーティブな伝え方
◆アサーティブな伝え方のロールプレイ
プログラム詳細

 

⑤自分の才能と強みに気づく研修

対象: どなたでも
狙い: 自分の才能ゆえの強み、弱みに気づき、強みを活かし、弱みをマネジメントする。
効果: ◇自分の才能と強みに気づく
◇自分の才能ゆえの弱みに気づく
自分の才能を強みとして活かすことを意識する
◇弱みゆえの失敗をしないようにマネジメントを意識する
日数: 1日間
内容: ◆ストレングスファインダー®の活かし方の哲学(レクチャ)
◆ストレングスファインダー®の資質の説明(レクチャ&シェア)
◆ストレングスファインダー®の個人ごと簡易プロファイリング
プログラム詳細

 

詳細は、以下フォームより遠慮無くお問い合わせください。

 

【お問い合わせ、お申込み】

題名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

ページトップへ戻る

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2015 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.