事業承継・組織開発

ストレングスファインダー®とMBO (目標管理)を活用した 企業向けコンサルティング

弊社では、ストレングスファインダー®、コーチングと、ドラッカーの推奨したMBO(目標管理)を専門的に学んだコンサルタントが、人材育成、人材開発、チームビルディング、組織活性化のお手伝いをいたします。

ストレングスファインダー®は、オンライン才能診断ツールであり、個々人の資質(才能=強みの元)を的確に診断します。ストレングスファインダー®での診断により、従業員、メンバーそれぞれの特性を強みとして活かし、弱みを補い合うという視点が生まれます。また、ストレングスファインダー®により、経営層、マネージャが自身の強みを活かしつつ、部下とどう接すればパフォーマンスを最大化できるかが見えてくるため、リーダー育成にも適しています。

MBOとはドラッカーの提唱したMBO-S(Management by objectives and Self-Control)がベースとなっており、自律統制と目標による管理を意味します。

日本においては目標管理は、成果主義とセットで語られることで良いイメージがありませんが、実際には組織として成果を出していくには最適なマネジメント手法です。

目標管理の本質は、目標を共有することによってメンバー一人ひとりが自律的に動けるようになることです。そのためには、目標をノルマのように扱うのではなく、皆が共に”達成したい”ものに設定する必要があります。そして、そこに向けて一人ひとりが自分の役割を設定し、自律的に動くのです。

当然ながら、そこには上下左右の密度の濃いコミュニケーションが必要となります。そこで、ストレングスファインダー®、コーチングも活用しながら、真の目標管理を組織に導入いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

イメージ画像:後継者の学校
「後継者の学校」のご紹介

弊社は事業承継を成功させるための後継者の心得を学ぶ「後継者の学校:九州校」のパートナーとしても活動しています。
講師・個別支援・専門家支援の分野で後継者のみなさんと会社の成長を連携してサポートしていきます。包括的な事業承継(後継者支援)、人材育成、組織活性化のための社内教育立案支援等、様々な形での支援が可能です。