ブログ

ストレングスファインダー®の下位資質から強みを読み解く

先日、東京でのストレングスファインダー®の講座開催後、知人のコーチと食事を共にしました。

その人には、ストレングスコーチになりたての頃に読み込みの練習台になってもらったことがあります。

その際に、私が伝えたことを覚えていてくれました。

それは、「実行力の資質が低めに偏っているということは、良い意味で“こだわりがない”ということですね。」というものでした。

実行力の資質の多くは、「こうあるべき」「こうあらねばならない」が出やすいので、その分それがこだわりとして表に出やすくなります。

逆に、それらの資質が下位にあるということは、“べき、ねば”の縛りがないとも言えますね。

過去自分が言ったことを覚えていない私は、もちろん「そんなこと言ったっけ?」状態でしたが(笑)、たしかにそれってとても大事なのです。

弱みの裏返しが強み


強みと弱みはすべてが裏表であり、弱みの裏側には必ず強みが隠れています

下位資質というのは自分にとっては苦手とする部分を表しますが、逆に言えばこういうことでもあります。

その資質が上位である場合に弱みとなるであろうことが無いのが強みである

ややこしいですね!(笑)

でも実際これって事実だと思うし、こう考えることで下位資質すら自分の強みを探すネタになりますよね。

ツールは自分に都合の良いように使う


ストレングスファインダー®は単なるツールです。。

肝心なのは、それをどう使い、どう活かすかです。

そして、その使い方の極意は、“とことん自分に都合良く”です!



書籍を出版します!

これまでメルマガ、ブログで発信してきた、一人ひとりが自分の強みに気づき自分らしく楽に生きるコツを書籍にして出版します。

その資金調達のために、クラウドファンディングを立ち上げました。

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!
3ヶ月集中プログラム

資質のプロファイリング

ストレングスファインダー®は、診断したのみで活かせるものではありません。一つの資質のみならず、それらの組み合わせによってどんな思考、感情、行動のパターンが出来上がっているのかを理解し、そのパターンゆえの強みを活かしつつ弱みに対処していく必要があります。ストレングスファインダー®の専門家であるギャラップ認定ストレングスコーチが自分の資質を活かして人生を好転させるコーチングを提供します。

<サンプル映像:ストレングスコーチング>


無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

思考を緩め、人間関係を改善し、自分らしく楽に生きる方法を、ほぼ毎日お届けしています。

メルマガ読者限定の特典も提供しています!