ブログ

ストレングスファインダー®の資質「親密性」の活かし方

今回は、「親密性」の資質について解説します。

「親密性」の特徴


「親密性」は、人間関係構築力の資質です。

「親密性」は、一人ひとりと深い相互信頼に基づく、長く続く親密な関係性を築く資質です。

「親密性」は、よく「社交性」と対比されます。

「社交性」は、多くの人との出会いを求める資質です。

そして、影響力の資質なので、必ずしも一人ひとりとの関係性をしっかりと築くところまでいくとは限りません。

一方「親密性」は、一人ひとりとの関係性を丁寧に築いていく資質です。

「社交性」上位の人が、初めて会う人であってもすぐに打ち解けて仲良くなれるのに対し、「親密性」上位の人は、むしろ人見知りする人の方が多いと思います。

「親密性」上位の人は、普段から仲の良い気の置けない仲間と過ごすことを好みます

「社交性」と「親密性」の違いは、結構披露宴とかの大きなパーティとか集まりの場での振る舞いの違いで見ると分かりやすいと思います。

すなわち、「社交性」上位の人は、いろんなテーブルを挨拶しながら回っていくのに対し、「親密性」上位の人は、あまり自分のテーブルから動かずに、元から知っている人たちと会話することを好みます。

「親密性」上位の人は、特定の人とはお互いが本音で何でも言い合える信頼関係を築きたいと思っています。

上では“特定の人”と書きましたが、「親密性」上位の人は、自分の「親密性」の輪の中に入れていい人とそうでない人を、何らかの基準で選んでいます

輪の中にいれないと判断した人とはそこまで深い関係性を築くことなく、そこそこの距離感で付き合います。

その際の一つの基準は、相手が信頼が置けそうな人なのかどうかです。

信頼の置けそうな相手とは、時間を掛けてお互いのことを知り合い、徐々に距離を近づけて最終的には、お互い本音で何でも言い合えて、長く続く親密な関係性を築きます。

「慎重さ」も併せ持っていると、自己開示にも慎重になるので、相手との距離感が近づくまでより時間が掛かるでしょう。

「親密性」の人は、前述したように一度親密な関係を作ると、それが長く続きます

なので、「親密性」上位の人は、学生時代からずっと付き合いの続いている友だちがいることが多いです。

それから、「親密性」の人は、一人ひとりとの関係性が濃くなるだけに交友範囲は比較的狭くなります。

チームで何かをやるにしても、あまり大人数ではなく自分が信頼を置いている数人のチームを好みます。

「親密性」の人がリーダーだと、良い意味で、◯◯一家みたいに一つの家族のようなチームになるでしょうね。

それから、コミュニケーションのとり方も、一対多よりも一対一で対話することを好みます

「個別化」も上位だと特にその傾向が強くなるでしょう。

誰かと飲みに行くにしても、あまり大人数でいくことは好まず、サシ飲みか、せいぜい3,4人程度の少人数を好みます。

あまりに多いと、一人ひとりと話しができなくなるからです。

「親密性」のベースメント(弱み使い)


「親密性」のベースメント(弱み使い)としては、次のようなことが挙げられます。

一つには、上述したように、人と関係性を築くのにどうしても時間が掛かると言う点です。

でもまあ、ここは致し方ないところなので諦めるしかないかな。

「親密性」を持つ人の中には、交友関係がなかなか広がらないことに悩みがあるかもしれません。

そういう人は、いきなり広げようと思うのではなく、一対一の関係性をたくさん作っていくとの意識を持つと良いと思います。

もちろん時間は掛かると思いますが、なかなか広がらないと悶々とするよりは悩みが薄れると思います。

「社交性」も併せ持っていればこういう悩みは無いでしょうね。

それから、「親密性」の人は気心の知れた人とずっと長く過ごすことを好むので、立場によってはあたかも派閥を作っているかのように周囲から見られることがあるかもしれません。

自分にそのつもりはなくとも、周囲から見れば“排他的”と見られているかもしれないということを自覚して自分の振る舞いを選びましょう。

あとは、信用、信頼を大切にする「親密性」の人は、相手の意図によらず自分が裏切られたと感じると、その人のことを許せず拒絶してしまうことがあるかもしれません。

相手に自分を裏切る意図があったとは限らないし、人は一時的に過ちを犯すこともあるますよね。

そういう事実を鑑みて、冷静に自分に起こっていることを客観視しながら対処を考えましょう。

「親密性」とは


「親密性」は、“信頼“をキーワードに一人ひとりと強い信頼関係を築き、何があっても仲間にサポートしてもらえるとの深い安心感を与える資質です。


文責 ギャラップ社認定ストレングスコーチ 知識茂雄

ストレングスファインダー®講座
「自分の資質を強みとして活かす方法」@東京


ストレングスファインダー®は、診断を受けただけでは使いこなすのは難しいツールです。

本講座では、まずお一人おひとりの資質とその組み合わせでの振る舞いの傾向性を読み解き、それぞれにどんな強みを普段発揮しているかを自覚していただきます。

そしてそれぞれに、普段の生活の中でどんなことを意識していけばより資質を強みとして活かせるようになるかを、具体的にアドバイスしていきます。

自己理解が深まると同時に、自分にはない資質を持つ他の人の話しを聞くことで他者理解も深まり、周囲との人間関係改善の方向性も見えてきます。

日時:2018年4月21日(土) 14:00~17:00(開場13:50)

東京メトロ日比谷線/都営浅草線 東銀座駅そばのレンタルスペース (お申込みいただいた方に別途ご連絡いたします。)

講師:知識茂雄
   株式会社ハート・ラボ・ジャパン代表
   ギャラップ認定ストレングスコーチ

参加費:5,000円


オンライン資質理解講座(録画配信)

★「コミュニケーション」の配信を開始しました!

各資質の一般的な傾向性、参加者の生のエピソードから見たその資質の強みと弱み、そしてその資質をより強みとして活かすためのコツなど、それぞれの資質の理解が格段に深まります。現在全16資質分を配信中です。(随時追加予定です。)

<サンプル映像:「学習欲」>


3ヶ月集中プログラム

資質のプロファイリング

ストレングスファインダー®は、診断したのみで活かせるものではありません。一つの資質のみならず、それらの組み合わせによってどんな思考、感情、行動のパターンが出来上がっているのかを理解し、そのパターンゆえの強みを活かしつつ弱みに対処していく必要があります。ストレングスファインダー®の専門家であるギャラップ認定ストレングスコーチが自分の資質を活かして人生を好転させるコーチングを提供します。

<サンプル映像:ストレングスコーチング>


資質の読み込み音声付き動画
お一人おひとりの資質に合わせた、読み込み音声付きの動画を作成します。

①資質一つひとつの特徴について
②資質の組み合わせによる傾向性について(強みベース)
③弱みと陥りやすい罠とその対処法について
④資質をより強みとして活かすための環境の整え方他

サンプル動画は、以下をご参照ください。



無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

思考を緩め、人間関係を改善し、自分らしく楽に生きる方法を、ほぼ毎日お届けしています。

メルマガ読者限定の特典も提供しています!