ブログ

ストレングスファインダー®の資質の組み合わせ「信頼の絆」

再び、資質の組み合わせについて書きます。

「親密性」は一人ひとりとの“深いつながり”を求める資質


今回の組み合わせは、この方です。
※画像をクリックするとpdfが開きます。

「親密性」は、人間関係構築力の資質です。

影響力の資質の「社交性」と対比させて説明することが多いです。

「社交性」は多くの人との“出会い”を求めます。

「社交性」単体では、必ずしも“つながる”ことを目的としません。

一方「親密性」は一人ひとりとの“深いつながり”を求める資質です。

必然的に、その交友範囲は狭くなることが多いです。

そして、お互いが“深くつながる”ために大事なのは“信用”、“信頼”です。

その意味で「親密性」の人は、目の前の相手が信用、信頼するに足る人なのかを無意識に見極めようとします。

そして、「この人なら大丈夫」と思った人とは少しずつお互いを知り合い距離を近づけていきます。

この方の場合、そこに「責任感」が加わってきます。

「責任感」は、高い道徳観、倫理観を持つ資質でもあるので、より“信用”、“信頼”に重きを置く感じになるでしょう。

そしてそこに優秀な人が好きな「最上志向」と、働き者の「達成欲」が加わるので、この方の周りには必然的にそういう方が集まり易くなりますね。

それでもそれに合致する人はそうそう多くないわけなので、この方が本当に心を許しているのはそんなに多くはないでしょうね。

その意味で“信用”、“信頼”の壁がくっきり、はっきり、そして高く設置されていて、比較的クローズドな交友関係になりそうです。

ツーカーで意思疎通できるハイパフォーマンスを発揮する少人数チームのイメージです。

(“ツーカー”ってもう使わないかな(笑)。)

まさに信頼の絆で結ばれているという表現がぴったりですね。

強い絆の裏返し


一方、こういう濃くてクローズドな関係性の場合、何かの要因でお互いの意思疎通に齟齬が生じひとたび関係性が崩れると深い信頼関係でつながっているだけに修復がかなり難しくなりそうです。

人はそれぞれに異なる価値観を持ち自分の思い通りには動かない。

だから、悪意なく自分の価値に沿わないことをすることもある。

そして、人は時折過ちを犯すし失敗もする。

こういう事実を踏まえて自分の基準を緩めていくともっと楽に自分の強みを活かせるようになると思います。



書籍を出版します!

これまでメルマガ、ブログで発信してきた、一人ひとりが自分の強みに気づき自分らしく楽に生きるコツを書籍にして出版します。

その資金調達のために、クラウドファンディングを立ち上げました。

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!
3ヶ月集中プログラム

資質のプロファイリング

ストレングスファインダー®は、診断したのみで活かせるものではありません。一つの資質のみならず、それらの組み合わせによってどんな思考、感情、行動のパターンが出来上がっているのかを理解し、そのパターンゆえの強みを活かしつつ弱みに対処していく必要があります。ストレングスファインダー®の専門家であるギャラップ認定ストレングスコーチが自分の資質を活かして人生を好転させるコーチングを提供します。

<サンプル映像:ストレングスコーチング>


無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

思考を緩め、人間関係を改善し、自分らしく楽に生きる方法を、ほぼ毎日お届けしています。

メルマガ読者限定の特典も提供しています!