Home » ストレングスファインダー, 資質 » 全てのストレングスファインダー®の資質は少数派

全てのストレングスファインダー®の資質は少数派



人は、誰しも自分の持つ資質なりの、自分だけの正しさを持っています。


これが正しいという、ある種の思い込みです。


例えば、「責任感」という資質を持つ私は、一度自分がやると言って引き受けたことは、ちゃんと最後まで責任をもってやり切るというのがあたり前になっています。


それが人として正しいあり方だとすら思っています。


そして、こういう自分から見ると、自らやると言っておきながら「やっぱりできません」と投げ出す(ように思える)人を「なんて無責任なやつ!」と思ってしまいます。


あっ、今はあまり思わなくなりましたけどね。(笑)


何で思わなくなったかと言うと、ストレングスファインダー®のおかげで、自分の正しさはむしろ世の中では少数派なんだと気づいてしまったからです。


ストレングスファインダーRの資質は、34個あります。


そして、一つひとつの資質がTOP5に入る確率は、単純計算だと15%程度です。


実際の統計を取ると、もちろんバラツキますが、それでも最も高い確率でTOP5に入る資質でもせいぜい30%程度と言われています。


ということは、すべての資質について言えるのは、その資質ゆえの自分の正しさは、常に少数派だということです。


人は往々にして、自分の正しさが世の中の標準的な正しさだと思いこんでいます。


でも、実際はそんなことはないのです。


だから、もし自分の正しさを振りかざしてしまい、苦しくなってしまった時は、この事実を思い出して欲しいのです。


自分のあたり前が、世の中全般のあたり前では決してないことを理解しておくことが、大切だということです。


「最上志向」の人であれば、世の中はそんなに“最高のもの”は求めていない。


「回復志向」の人であれば、世の中はそんなに“完全なもの”は求めていない。


「責任感」の人であれば、世の中はそんなに“正しさ”は求めていない。


そんな風に考えると少しは楽になりませんか?


そして、同時に、自分の才能、資質は“少数派”であるからこそ、強みでもあるのだということを認識しておきましょう!!

 
 
ストレングスファインダーに興味を持たれたら、以下書籍にストレングスファインダーの診断が受けられるアクセスコードがついています。

 

さあ才能(じぶん)に目覚めよう ストレングス・リーダーシップ
1,728円 1,944円

 

ストレングスファインダーの受け方はこちら
 
資質の読み込みサービスはこちら
 
ストレングスファインダー研修はこちら
 
才能を活かして自分らしく楽に生きる方法の購読申し込みはこちら

 

文責:知識茂雄

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2017 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.