Home » ストレングスファインダー, 下位資質 » 下位資質の扱い方その1

下位資質の扱い方その1

 

こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチのちしきです。

 

ストレングスファインダーを使って強みを活かすコーチングを提供しています。

 

下位にある資質は、見ないで済むものならば、それに越したことはありません。

 

そこには少しの才能しか持ちあわせていないし、本来苦手なことだからです。

 

それでも、生きていく中で、どうしても苦手なことに取り組まねばならないこともあります。

 

そんなとき、どうするか?

 

いろんなやり方があります。

 

今日はその一つを。

 

それは、単純に努力してみること。

 

例えば、私は小さい頃から運動が苦手でした。

 

通信簿の体育の成績は、いつも悲惨なものでした。

 

そんな私が、3年前からマラソンを始めました。

 

そして、これまでにフルマラソンを4回走りました。

 

考えられないことでした。

 

チャレンジしてみてわかったことは、苦手なことでも努力すればそれなりには出来るようになるということでした。

 

自分の可能性が広がった思いがしました。

 

でも、そこには忘れてはいけない大事なことがあります。

 

苦手なことにいくら取り組んでも、そこに才能がない以上は人並み以上に出来るようにはならないということ。

 

私がどれだけ努力しても2時間台で走れるランナーにはなれません。

 

その事実を受け入れた上で、最大限の努力をしてみる。

 

下位資質との向き合い方の一つです。

 

文責 知識茂雄

 

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.