Home » ストレングスファインダー, 資質 » 下位資質をどう扱うか?

下位資質をどう扱うか?

 

こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチのちしきです。

 

ストレングスファインダーを使って強みを活かすコーチングを提供しています。

 

ストレングスファインダーで出てくる5つの資質は、自分の才能として与えられたものであり、意識することなく自然とうまくやれることでもあります。

 

ストレングスファインダーの資質は全部で34個あり、その並び順は一人ひとり異なります。

 

上位の資質があるということは、下位に並んだ資質も当然あるわけで、それらの資質はあまり才能としてもっていないものであり、不得手なことでもあります。

 

上位の資質をどう扱うのかと同時に、下位の資質をどう扱うのかもまた大切なことです。

 

資質の並び順の違いは、与えられた役割の違いでもあります。

 

下位に並んだ資質は、自分の役割として与えられたものではないということです。

 

ないものねだりはせず、その部分は他に役割として与えられた人にお任せして、自分は自分の役割をまっとうすることに集中する。

 

これもストレングスファインダーの結果を扱う上で大切な視点です。

 

文責 知識茂雄

 

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.