Home » ストレングスファインダー, 企業研修 » くまもと若者サポートステーションにて講師を務めました

くまもと若者サポートステーションにて講師を務めました

こんにちは。

 

ストレングスコーチのちしきです。

 

2014年5月29日に、若者の就労支援をされている「くまもと若者サポートステーション」にて、利用者向けの講座を一コマ担当させていただきました。

 

テーマは、「違いを強みとして活かす」。

 

ストレングスファインダー®そのものなのですが、時間その他の制約上SF自体は使えなかったので、SFのフィロソフィー(哲学)を、ぎゅーっと凝縮して伝えてきました。

 

ちょっとした体感型のゲームを入れたり、できるだけ具体例を交えてお話ししたり、自分と向き合いながらシートに記入してもらう時間を作ったりと、自分なりに工夫して臨みました。(最上志向的ですね。(笑))

 

サポステ講座

 

未来ある若者諸君に伝えたかったのは、

 

「違いに良し悪しはない。」

 

「人と違うことこそ、自分の役割であり強み。」

 

といったことから、人とのすれ違いによる生きづらさを多少なりとも解消して欲しいとの思いとともに、一番伝えたかったのは、

 

「人と違う自分の特徴ゆえに、その特徴にふさわしい職業があるのではなく、どんな職業であっても、自分の特徴を活かしたうまくいくやり方がきっとある。」

 

ということでした。

 

ひょっとして、建前的に聞こえたかもしれないけれど、これもまた本当のこと。

 

自分の可能性を、自分で制限して欲しくはないですからね。

 

伝わってるといいなぁ…。

 

おじさんから若者へのエールでした。(^_^)/

 

株式会社ハート・ラボ・ジャパンでは、様々な切り口で、より良い人間関係を築き、より良い人生とするためのコミュニケーション講座、研修に対応しております。

 

是非、御社、御団体のニーズをお聞かせください。

 

最適なプログラムをご提供いたします。

 

お問い合わせはこちらから。

 

文責:知識茂雄

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.