ブログ

ストレングスファインダー®で反応ではなく、言動をマネジメントする

ストレングスファインダー®の資質のプロファイリング&コーチングを提供した方から感想を頂きました。

「自分はこれで良かったんだ、間違っていなかったんだ!」と勇気づけられました。

Nさん、30代女性、プログラマ

ストレングスファインダーに興味を持ち、調べていくうちに、「資質は組み合わせで見ていくことが大事」だと知り、こちらのサイトから、資質読み込みとコーチングを申し込みました。

実は、申し込みをするまで、何ヶ月も迷いました。

Skypeでコミュニケーションがとれるか不安だったためです。

けれど、知識さんはお写真の通り穏やかで、すぐに杞憂だったとわかりました。

お願いしてよかったと思っています。

以下、特に印象に残ったことです。

<資質の考え方について>

資質は強みにも弱みにもなり得るが、弱みをなくすと強みもなくすことになる。→ なくすのではなく、資質による「反応」を「言動に結びつけるかどうか」をマネジメントするとよい。

<資質の4分類について>

資質の分類は、「何を大切にしているか、必要としているか」の指標として考える。大事なのは自分の色で生きること

私の場合、戦略的思考力(と実行力*)が上位を、人間関係構築力が下位を占めています。

それについては、
「人間関係よりも成果を出すことを重視するのであって、人間関係が構築できないわけではない」
と言われたことが、とても腑に落ちました。

というのは、上司から任された仕事が人間関係構築力を要する内容で、「向いている」と言われたものの、自分にはそうとは思えず、それでも前向きに取り組み続けた結果、身体を壊した経験があったからです。

「できる」と「自分を活かす」は別だということがわかったことが、大きな収穫でした。

<資質の組み合わせについて>

組み合わせの前に、上位12個の各資質について、解説していただきました。

対極となる資質や、多くの人が上位に持っている資質、そうでない資質など、ネットや本にないデータを得ることができました。

私の場合、1番の「内省」の対極である「コミュニケーション」は32番、2番の「戦略性」の対極である「調和性」は30番だったので、その通りの結果でした。

組み合わせについては、例えば、

・過去から学ぶ「原点思考」と、本来あるべき姿に戻したい「回復志向」に、客観的な事実や根拠を重視する「分析思考」が加わって、問題の根っこを押さえて解決をする

・「慎重さ」とあらゆるパターンを導き出す「戦略性」から、起こりうるパターンを事前い洗い出して、問題が発生しないようにしたい

・状況によっては対立を恐れない「戦略性」と、状況をコントロールしたい「指令性」に、「信念」や「回復志向」があわさって、物申すことができる

など、そういう風に見ていくのか! と目から鱗でした。

また、調和性の高い人は、対立を望まないということなど、自分が持っていない資質の人との違いも教えていただけました。

<コーチングについて>

「人からお願いされてやったことに対して、後悔することが多い」という悩みについて、やってもやらなくても同じであることは「自我」が傷つき、自分が良いと思わないことに利用されていると感じると「信念」が許せなくなるのだとわかりました。

知識さんからは、

・やる前に、立ち止まって、受けるか受けないかじっくり考え、話し合う

・やった上で理不尽な思いをしたのであれば、それを伝える

・単純に、「やりたいかやりたくないか」で選んでみる

といったアドバイスをいただきました。

<コーチングを受けて>

受けた直後は、すごく前向きな気持ちになりました。

「自分はこれで良かったんだ、間違っていなかったんだ!」と勇気づけられました。

ありがとうございました。

反応をマネジメントするのではなく、言動をマネジメントする


自分の資質による無意識の反応からの言動の傾向を知ると、自分が自然とうまくいっているとき、そしてなぜだかうまくいかないときの、自分の中でのメカニズムがわかります。

すると、その後の同じような場面での自分の反応を客観的に見ながら、その後の言動をマネジメントすることができるようになります。

資質による反応そのものはマネジメントできなくとも、その反応したなりにその後の言動をマネジメントすれば良いのです。

そのマネジメントされた言動は、自分の資質に素直に沿ったものではないはずなので、最初は怖かったり、難しかったりすると思います。

でも、それを続けていくうちに「あぁ、こういう言動であってもいいんだ。」と思えて、そのうち反応そのものもより緩やかなものになっていくと思います。



文責 ギャラップ社認定ストレングスコーチ 知識茂雄