ブログ

ストレングスファインダー®資質の組み合わせのダイナミクスの妙

今日は、一名の方にストレングスファインダー®の資質のプロファイリング(読み込み)を提供しました。

我々ストレングスコーチがストレングスファインダー®の診断を受けただけの人にプロファイリング(読み込み)を提供する意味はいくつかありますが、その一つは資質の組み合わせによるダイナミクスを理解していただくことです。

資質の組み合わせを読み解くことの意味


ストレングスファインダー®は、通常34個の資質のうち自分に最も傾向の強く出る上位の5つが結果として得られます。

その順位も加味した組み合わせの数は3,300万通り以上となり、ここからいかにストレングスファインダー®がピンポイントでその人のことを言い表せるかを示しています。

逆に言うと、この組み合わせによる傾向性の違いを理解しないと、せっかくの結果も活かせないということでもあります。

資質の組み合わせによって起こる傾向性の変化を、我々は資質の組み合わせのダイナミクスと呼んでいます。

資質一つひとつの一般的な傾向性に加えて、このダイナミクスにより一人ひとり異なるその人だけの傾向性を理解することでより自己理解が深まり、自己のマネジメントがやり易くなります

資質の組み合わせのダイナミクスの妙


資質の組み合わせによる傾向性の違いを、いくつか例を挙げて説明します。

一つ目は戦略的思考力の「戦略性」について。

「戦略性」という資質は、落とし所が定まると、そこに向かって「もし◯◯がこうなっら…」を繰り返し先を見通して、落とし所へ到達するまでの複数の道筋を考える資質です。

例えば、そこに同じ戦略的思考力の資質である「内省」が加わると、行動を起こす前に頭の中でじっくりと時間を掛けて戦略を練る感じになります。

そこに実行力の資質である「慎重さ」が加わると、さらにその傾向は強まるでしょう。

一方、「戦略性」に、影響力の資質である「活発性」が加わるとどうなるかと言えば、“考えてから動く”というより、“考えながら動く”という感じになります。

「活発性」を持っている人は、“思いついたらまずやってみる”を大切にしているので、行動を起こすのが早く、考えながら動き、動きながら考えるという感じになるのです。

次に、人間関係構築力の資質である「成長促進」で考えてみましょう。

「成長促進」は、人の持つ可能性を信じ、成長を促していく資質です。

ここに、影響力の資質である「最上志向」が加わると、「最上志向」の資質は、人の持つ良いところに目を向け、そこをさらに伸ばそうとする影響力を発揮するので、どちらかと言えば強みを伸ばす方向、すなわち今すでに出来ていることをさらに伸ばす方向に成長を促す感じになります。

一方、実行力の資質である「回復志向」が加わると、「回復志向」は、本来あるべき姿に今足りていないところを見る傾向があるので、今はまだできていないことをできるようにと成長を促す感じになります。

上記は、あくまで一例であり、他の資質との組み合わせによってもまた変わってくるものではありますが、これだけを見ても組み合わせのダイナミクスを理解することの大切さを理解いただけると思います。

自分の資質とその組み合わせゆえの傾向性がわかれば、それゆえの強みを活かし、それゆえの弱みに対処できるようになります

自分の色を知り、自分の色で生きる

資質の組み合わせのダイナミクスは、言ってみればパレット上で絵の具を混ぜるのに似ています

赤い絵の具に青の絵の具を混ぜると、赤っぽくもあり青っぽくもある、でも赤でもなく青でもない紫という色になります。

それと同じように、自分の持つ資質もそれぞれを組み合わせると、それぞれの本来の色とは微妙に違った色合いになるのです。

私は、上に示したように各資質の属するグループにより資質を色分けして考えます。

上位資質におけるその色の偏りもまた、その人の特徴を示すものであり、私はよく“自分の色で生きる”ことの大切さをお伝えしています。

他の誰かになろうとするのではなく、自分の色で自分のまま生きるということです。

そして、それと同じように自分の資質とその組み合わせゆえの自分の色もまた大切にして欲しいと思います。



文責 ギャラップ社認定ストレングスコーチ 知識茂雄