アレンジの資質

こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチのちしきです。

 

ストレングスファインダー®を使って強みを活かすコーチングを提供しています。

 

今日から、ストレングスファインダー®の34の資質を一つひとつ解説していきます。

 

初回は「アレンジ」。

 

「アレンジ」は私自身TOP5に持っている資質です。

 

「アレンジ」は「組み合わせる」ことを得意とする資質です。

 

例えば、どこかに旅行に行くときは、電車、バスの時刻表を見て、

 

「ここを何時に出れば、あそこに何時に着くから、次のバスが来るまで◯◯時間あって、その間に△△を観光できるな。」

 

とかを、ぱぱっと考えて計画を立てることができます。

 

この場合、時間や情報というピースを与えられて、それを組み合わせている感覚なのです。

時刻表

 

他、例えば妻が休日に買い物に行きたいと言い、いくつか行き先を告げたとします。

 

すると、私は瞬時にどこからどう回って行けば無駄なく、効率的かを組み立てます。

 

そして、このような資質を仕事に活かす上では、同時並行にいくつもの仕事を回していくのが得意でした。

 

時間をピースのように組み合わせていって、この時間に◯◯の仕事をここまでやって、隙間の時間に△△の仕事を終わらせよう…という感じです。

 

そして、「アレンジ」を時間軸で表現すると「今」です。

 

「アレンジ」の資質は、今今に対応していく資質です。

 

つまり、与えられたピースが変われば、そこからまた最適な組み合わせを求めようとします。

puzzle

 

このため、周りから見れば柔軟な思考を持っているように見えるはずです。

 

一方で、この柔軟さゆえに周りから一貫性がないかのように受け取られかねない面もあります。

 

これが、いわゆるベースメントですね。

 

また、自分が言うなれば「要領の良い」人なので、「アレンジ」を持っていない人を見ると、ついつい「要領の悪いやつだ」とイライラしてしまいがちです。

 

すべての資質に言えることですが、異なった資質を持つ人とぶつかったり、すれ違ったりするのは、お互いの資質を理解していないからです。

 

自分のアレンジの資質をあたり前と思わず、だからこそ他人のために役立てようとすることが大切です。

 

具体的には、時間の使い方を効率的に組み立てられる強みを、周りへの情報提供という形で役立てるとかを意識すると良いですね。

 

文責:知識茂雄

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.