苦手と向き合う


こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

ストレングスファインダーでは、34の資質に重み付けをして順位を出します。

 

上位にあるものが、その人の特徴的な資質であり、強みの元です。

 

資質とは才能の集まりなので、才能をうまく伸ばしていけば、それが強みになるわけです。

 

一方、その意味からすると、下位にある資質というのは残念ながらそこには才能がないことを意味します。

 

とは言え、生きていく上では才能がなくって苦手な部分とも向き合わなければならない時も、もちろんあります。

 

そんなときどうするのか?

 

いくつか方法があります。

 

今日はその一つを。

 

例えば、私は目標を立てるのが苦手です。

 

会社員時代、目標面談なるものもありましたので、当然ながら目標設定が必要でした。

 

しかしながら、どうしても目標というものにワクワクしないどころか、目標を立てろと言われると苦痛さえ感じる自分がいました。

 

特に管理職になってからは、自分がチームの大きな目標を設定する役割を担わなければならなかったので、目標設定が苦手な自分に「何だかなぁ…」と感じていました。

 

でも、最近になってストレングスファインダーの34資質の順番を見た時に、ものすごく納得してしまいました。

 

私は、「目標志向」という資質がずいぶん低くて、代わりに「適応性」とか「アレンジ」とか、今いまの変化に対応していく資質が上位にあったのです。

 

つまり、先に何かを置いてそこに向かっていくというよりも、今いま目の前で起こっていくことに逐次対応していく方が得意だし、楽なのです。

 

例えて言えば、波乗りサーファーですね。

 

本当の波には乗ったことないですけど。(笑)

 

戻りますが、だからと言って目標なんか要らないわけではない。

 

好きではないけど、苦手なりに取り組まなければならないときもあるわけです。

 

そのときの一つのコツは、上位の資質をどう活かしていくかということです。

 

例えば、私の場合は「責任感」の資質が使えます。

 

思えば会社員時代は結構「責任感」は使ってましたね。

 

管理職の役割として目標設定が責任範囲に入ってくるならば、いかにそれが自分にとって苦痛であっても、まっとうにやり遂げようとするのが「責任感」ですから。

 

それと、やはり得意なやり方と結びつけていくのも大事ですね。

 

「目標志向」がまず目標があってそこから展開していくアプローチならば、私のように「今」を大事にする人間にとっては今現在からの積み上げの方が、たぶんやり易いわけです。

 

これまた振り返れば、知らず知らずのうちに、これに近いやり方をやってました。

 

部下と一緒に、今現在何が問題で、何が求められているのかを棚卸しして、その先にある成果を目標として置くアプローチをとっていました。

 

振り返ってみると、自然と自分に合ったやり方を、それなりにやっていたわけですが、こういうことを自分の資質を理解した上で、意識的にやれるともっと良いですね。

 

なぜならば、無意識でやっているうちは、そのやり方を結果的に他人に押し付けていることも考えられるわけです。

 

例えば、もし私の部下に「目標志向」を上位に持つ人がいたら?

 

たぶん、その部下にとっては心地良くは無かったでしょうね。

 

自分の傾向性、資質をしっかり理解していれば、自分に合ったやり方を他人と折り合いをつけながら選択していくことが、確率高くやれるようになります。

 

まずは、自分をしっかり知ることから。

 

文責:知識茂雄

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.