Home » ストレングスファインダー, 自我, 資質 » 自我は自己成長のエンジン

自我は自己成長のエンジン

 

こんにちは。

 

ギャラップ認定ストレングスコーチのちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

日曜日の熊本城マラソンから2日が経ちました。

 

日頃の練習不足がたたり、いつになく足が張っていますが、何とか普通に歩けています。

 

42.195kmというのは、本当に途方も無い距離です。

 

それでも何とか走りきれるのは、沿道の応援に力をもらえるからです。

 

もちろん応援などなくても自分一人で長い距離を走れる方もいます。

 

でも、私には無理。

 

途中で確実に挫折してしまいます。(^_^;)

 

そんな私が上位に持っているストレングスファインダーの資質は「自我」。

 

「自我」は英語だどSelfsignificance。

 

つまり自己重要性のこと。

 

「自我」を持つ人は、自分が重要な存在として認められたいとの願望が強い傾向にあります。

 

マラソンでもきっとそうですね。

 

頑張っている自分を「えらい」と認めて応援してもらえると、それがモチベーションになります。

 

でも、そのためにはまず大会に出ないことには始まらない。

 

さらにそのためには、そこそこ走れないことには始まらない。

 

さらにさらにそのためには、一人でのつらい練習もこなさなければならない。

 

結局自分を認めてもらうためには、人知れずしての努力がまず必要だということです。

 

「自我」のベースメント状態(資質がむしろ弱みとして出ている状態)は、自分がろくに努力もしていないのに、役に立ってもいないのに、周りが認めてくれないと泣いている状態です。

 

自分の「自我」を少しだけ脇に置いて、まず人のために何が出来るかを考え、努力し、実行してみること。

 

それがいずれは周りからの感謝と承認につながり、自分のさらなるモチベーション向上につながります。

 

「自我」はうまく活かせば、自己成長の強力なエンジンとなります。

 

腐らせず、うまく使っていきましょう!

  

文責:知識茂雄

 

良ければポチッと!

人気ブログランキングへ

follow us in feedly

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.