Home » ストレングスファインダー » 自分から自分たちへ

自分から自分たちへ

 

こんにちは。

 

ギャラップ認定ストレングスコーチのちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

ソチオリンピックのノルディックスキージャンプ男子団体で、またも見事に銀メダルを獲得しましたね。

 

ここでも葛西紀明選手の活躍があったのは言うまでもありません。

 

葛西選手についてはテレビでもいろいろと放送されていますが、これまでのオリンピックへの向き合い方の違いと言う点で興味深い内容がありました。

 

葛西選手が長野オリンピックで調子を落とし、金メダルを獲得した団体メンバーから漏れたのはご存知の通りです。

 

そのとき、葛西選手は団体メンバーの活躍を見ながら「墜ちろ!」と仲間の失敗ジャンプを望んでいたと告白しています。

 

もちろんそれを非難するつもりはありませんし、悪いことだとも思いせん。

 

その当時はそうだったんだなぁというだけのことであり、きっとそれが葛西選手の強みでもあったはずです。

 

翻って、今回の団体戦で見事銅メダルを勝ち取り、その後のインタビューで葛西選手が語ったのは、後輩たちへの気遣いと感謝の言葉でした。

 

所属チームで監督を務めるようになり、自分のことだけでなくチーム全体のことを自然と考えるようになったのでしょうね。

 

ここから先は想像でしかありませんが、葛西選手はきっと知らず知らずのうちに周りの選手たちに、勝利への執着であったり自分を厳しく追い込み鍛えていく姿勢などを伝染させていたのではないでしょうか?

 

持ち前の楽天的な明るさとともに。

 

強みは自分だけのために使っていては、本当の意味では活きません。

 

「自分」から「自分たち」に視線が向いたとき、強みはさらに磨かれ光り輝くのだと思います。

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.