Home » » 図々しく

図々しく

category :  2014.1.17 


こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

今日は午前中と夜にコーチングをさせていただきました。

 

お二人とも素敵な女性であり、大切なお友だちです。

 

夜は食事しながらコーチングも含めて長時間お話ししました。

 

そして、最後の方は自分自身の話しになり、何だか自分がコーチングされてる感じに…。

 

テーマは、私がなかなか素直にお願いごとをしたり、助けを求めることが苦手だということ。

 

アサーティブネスを伝える立場にありながら、実は自分もなかなかできていないわけで。(^_^;)

 

その感覚とは、これまでず~っと向かい合ってきて、なぜそうなるのかはよ~くわかっているのです。

 

私の場合、自分が人から何かお願いされた際に、多少無理してでも引き受けてしまうタイプなので、その裏返しで自分がお願いしたことを人に断られることに、どうしても不快感を感じてしまうのです。

 

なので、「お願いする=断られるかもしれない」の図式で恐怖感さえ芽生えてしまうのです。

 

一方で、お願いしたことを相手が引き受けてくれた際にも、「本当は迷惑しているんじゃなかろうか」「無理して引き受けてくれたんじゃなかろうか」と勝手に心配してしまうのです。

 

結局、断られても、引き受けてくれても、どちらにしても自分の中に葛藤が生まれてなかなか素直にお願いすることができない。

 

もちろん、

 

相手がそこまで考えているわけがない。やりたくない、やれないならば素直に率直に断ってくれるし、そこに何の悪意もない。そして、やれることであれば無理するわけでなく喜んでやってくれる。

 

そんな人がほとんどであることは百も承知なのだけれど、長年染み付いたこの感覚はそう簡単に消えるものではないのです。

 

そして、その根源にあるものは「いい人と思われたい。」という基本的な欲求なのです。

 

万人に向けて「いい人」であることなど不可能なのに、それを求めてしまう。

 

そこに私という人間の矛盾と苦しさがあります。

 

ま、これが私なので受け入れざるを得ませんが、それでもこのままではいかにも苦しすぎる。(^_^;)

 

そこで、基本的に目標というものを持たない私なのですが、半強制的に今年の目標が決まってしまいました。

 

それは、いい意味で「図々しく」なること!

 

今年が終わる頃には少し図々しく成長した自分をほめてあげられるようにしたいと思います。

 

なのでお友だちの皆さま、暖かく見守ってください!

 

文責:知識茂雄

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.