ないものねだり


こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

ストレングスファインダーのプロファイリングを受けていただいた方の声第三弾です。

 

コーチ仲間であり、公益財団法人職員のOさんです。

 

今回は、34資質についてプロファイリングさせていただきました。

———————–

34の資質を出したらプロファイリングを受けるのは必須でしょうね。

 

上位5つの資質をストレングスファインダーで出し、自分なりに読み込んでみて、そのツールとしての優秀さを感じると「6位から34位はどうなっているんだろう?」と思い始めるのが心情ですよね。

 

でも、ストレングスファインダーはその強力なパワーゆえに「諸刃の剣」という気がします。

 

間違って使うと自分に制限を加えるリミッターになりかねない・・・。

 

特に34位まで出すと、どうしても下位に目が行ってしまいがちになります。

 

なので、ストレングスファインダーに傷つけれらず、さらにパフォーマンスを出すには専門家のプロファイリングを受けるのが必須と思います。

 

その点、知識さんは豊富なプロファイリング経験と膨大な情報量をお持ちですから、とてもお勧めですね。

 

特に下位の資質を他の資質と組み合わせての解説は納得感と安心感があります。

 

おかげさまで下位の資質に対して劣等感を持つことなく自分の中に位置づけつつ、上位資質をさらに生かしてゆく方向性が見えてきました。

 

本当にありがとうございます!!

————————

ストレングスファインダーは34資質すべての順位付けをやっています。

 

そのうち通常は、最も特徴的な資質である5つを知ることができます。

 

そして、現在は6番目以降も34番目まですべての順位を知ることができます。(別料金です。)

 

実は、ストレングスファインダーについては、上位5つのみならず上位の1/3程度、つまりおおよそ1~10番目くらいまでは日常的に表出している傾向性だと言われています。

 

なので、Oさんも言われているように、5番目までを知るとその延長上の6番目以降も知りたくなる人も多いと思います。

 

しかしながら、私はそれをすぐにやることをおススメしていません。

 

なぜならば、34資質をすべて知るということは下位の資質、つまり自分にほとんどない才能の部分も必然的に目にすることになるからです。

 

すると、何が起こるか?

 

いつも書いているように、無いものねだりをしてしまうんですね。

 

せっかくの上位の資質を見ずして、下位の資質を見て凹んでしまう。

 

これ、あきらかにもったいないです。(^_^;)

 

なので、私はまず5資質を知り、それを自分の強みとして活かしていくイメージをしっかり持ってから、6番目以降を見るようにアドバイスしています。

 

コーチのように普段から自分と向き合うことに慣れている方は別ですけど。

 

とは言え、34資質すべてを知ることは、その圧倒的な情報量からして自分を深く知るという意味でとても有益です。

 

次回以降で34資質をどう見るか、そして苦手な部分とどう折り合いをつけていくのかを具体例を交えながら書いてみたいと思います。

 

文責:知識茂雄

 

コメント1件

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.