この世に一人

 
こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

ストレングスファインダーのプロファイリングを受けていただいた方の声第三弾です。

 

ストレングスファインダーの結果を読み込む際には、一つひとつの資質がどのような傾向性を持つのかを理解するのはもちろん大切ですが、それぞれの組み合わせを考えることも大事です。

 

資質とは、ある意味その人の心のあり様を無理やり分類して取り出しているわけですが、実際には心の中でそれぞれの資質が独立して存在しているなんてことがあるわけもなく、いろんなものがないまぜに、ごっちゃになって存在しているわけですから。

 

だから、TOP5に同じ資質があるからといって、その資質ゆえの傾向性がまったく同じかというと、そんなことはないんですね。

 

他の資質との組み合わせ、相互作用でその人なりの、その人だけの特徴が出てくるわけです。

 

ここにストレングスファインダーの面白さがあります。

 

34資質から5つ取り出して並べたとき、その組み合わせの数は3300万通り以上。

 

つまり、日本中探しても自分と同じ組み合わせの人が3人いるか、いないか。

 

実際には34資質すべてが、その人なりの順番で並んでいることを考えると、自分の資質の並びというのは間違いなくこの世で自分一人だけなんですね。

 

ストレングスファインダーは34資質の順位付けにより、極限まで人の心の理解を深めようとしているツールであるとも言えるかもしれません。

 

とは言え、人間の心というのはどこまで細かく切り出したとしても、とうてい分析などしきれない複雑なものです。

 

ストレングスファインダーを扱うものとして、ここは絶対に勘違いしてはいけないところですね。

 

だから、私がストレングスファインダーのプロファイリングをさせていただくときは、対話を通してクライアントさんとの共同作業により、その人の人となりを可能な限り明らかにしていくというアプローチをとっています。

 

「この資質とこの資質が組み合わさると、こんな傾向になりそうですが、実際にはどうですか?」

 

というような問いを投げかけながら。

 

ストレングスファインダーという自分を客観視できるツールを使いつつ、他者からの問いに答えていくことで、より自分自身を深いところまで探り、理解していくのが理想的な使い方なのではないかと思っています。

 

自分自身に納得感がない限り、そこから先の「活かす」にはつながりませんから。

 

長くなったので、今日はこのあたりで。

 

次回は、資質の組み合わせを、34資質の読み込みでどう応用していくか?について書きます。

 

たぶん…

 

書いてるうちに、方向性が変わっちゃうんだよなぁ。(^_^;)

 

文責:知識茂雄

 

コメント1件

  1. […] 以前、上位の資質を見て自分を理解するには、各資質の組み合わせを考慮することが大事だと書きました。 […]

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.