Home » ストレングスファインダー » かけがえのない自分

かけがえのない自分


こんにちは。

 

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

 

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

プロファイリングを受けていただいた方の声第二弾です。

 

今回もコーチ仲間の山田亨さん。

 

元官僚で、プロコーチとして一歩を踏み出した、「できる人」でありながら暖かく、熱い心を持つ人です。

 

—————————————–

私の資質上位5つは、1.責任感、2.達成欲、3.アレンジ、4.共感性、5.収集心です。

 

知識コーチからのフィードバックは、4つの資質群のうち「実行力」の資質が3つ入っている「仕事ができる人」。

 

でもそれでいて、仕事ができる人にありがちな人の気持ちを置き去りにしていくことがないのは「共感性」を持っているから、という事でした。

 

セッションの中のお話で、資質に良い悪いはなく、出方によって強みにも弱みにもなるという説明をいただきました。

 

私自身も、客観的に見ると、仕事大好き人間でありながら、周りにも気を使いながら仕事ができるのは資質が強みとして出ているところであり、一方で、心の中に常に葛藤を抱えていて、エネルギーロスしているところは、ある意味では弱みなのでしょう。

 

でも、そうやってお話ししていると最後に一言いただきました。

 

「そうやって自分の中で綱引きするのも全部含めて山田さんなんだよね」「実行力の中の共感性という資質は本当に宝物のような資質で、山田さんを活かす鍵のような資質だよ」

 

このセッションを受けさせていただいて、私の自己受容感はよりいっそう向上したと思います。

 

そして、自分のなかの異質なものが自分の人間らしさを失わせない鍵になっているということを知った事で、「異質なものの存在」「多様性」ということの大切さをより深く理解したような気がしています。

 

おかげさまで、このような相反する性質をもった自分という存在はかけがえのない存在であるという事に気付き、自身のブランディングでも積極的にアピールするようになりました。

 

論理的でありながら、包み込むような包容力をもっている知識コーチの存在が、深い気づきを与えてくれたと思っています。ありがとうございました。

 

———————–

 

どんどん前に行きたい資質もあれば、ある意味それにブレーキを掛ける資質もあります。

 

ストレングスファインダーの34の資質は、どんな組み合わせもあり得ます。

 

ゆえに、心の中で相反する資質がときにぶつかり葛藤することもあります。

 

そんな自分の心のなかを「資質」そしてその「組み合わせ」という形で取り出してみたときに、そんな自分が理解できるようになります。

 

そして、そんな自分を他にはないかけがえのない存在として受け入れることができます。

 

葛藤することはなくならないかもしれないけれど、そんな自分を愛おしく思い、いたわり、鼓舞しながら前に進むことができるようになります。

 

この世に誰一人意味なく存在している人はいない。

 

皆一人ひとりかけがえのない存在なのです。

 

文責:知識茂雄

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2014 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.