Home » 自己基盤 » うつわ

うつわ

category : 自己基盤 2013.12.23 

こんにちは。

熊本在住のストレングスコーチちしきです。

ストレングスファインダーを活用し、強みに特化したコーチングを提供しています。

 

週末は東京でがっつりコーチングの学びでした。

 

コーチングのトレーニングをしていて思うのは、いかに自分の状態がその場に反映されてしまうか…ということです。

 

 

よく「コーチはクライアントの可能性を信じて関わる」と言われます。

 

そして、コーチがクライアントにどう関われるかは、コーチが自分自身をどう扱っているかによります。

 

つまりは、クライアントの可能性を芯から信じて関わるには、自分自身の可能性をもまた、芯から信じている必要があるわけです。

 

なので、コーチは常に自分と向きあっています。

 

自分を受け入れ、信頼し、尊重できるように自分と向きあっています。

 

自分の可能性の扉を一つずつ開き、不安と戦いながら、一歩ずつ踏み出していきます。

 

そうやって、自分の可能性の器を広げていく訳です。

 

自分を小さく捉えているコーチは、小さなコーチングしかできません。

 

自分に幅を感じていないコーチは、幅のせまいコーチングしかできません。

 

可能性の扉を開く。

 

自分にとってはマラソンもその一つです。

 

42.195km

 

想像だにしなかった距離を走れるようになって、自分の可能性をもっと信じていいのかも…と思えるようになりました。

 

自分にできたのだから…と、周りの人の可能性も信じることができるようになりました。

 

だから、皆さんもマラソン始めてみませんか?

 

って、オチはそこじゃなくて。(笑)

 

まだまだ小さく、幅のせまい自分ですが、小さいなら小さいなりに、幅がせまいなら幅のせまいなりに今の自分いっぱいの空間を使ってこれからもチャレンジします。

 

結果を恐れず、自分の可能性を信じて。

 

文責:知識茂雄

 

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2013 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.