Home » アサーション » 『誠実』

『誠実』

category : アサーション 2013.12.5 

アサーションの考え方というか心のあり方に「誠実」というのがあります。

「誠実」というと、皆さんはどういうことを思い浮かべますか?

私自身は、最初にアサーションの研修を受けた当時、自分で言うのもなんですが「誠実」さは持っているつもりでいました。

他人にウソはつかず、正直である。

他人から頼まれたことは、きちんとやり遂げる。

おそらく私を含む多くの人は「誠実」というと「他者」に対しての「誠実さ」を思い浮かべるのではないでしょうか?
もちろんそれも「誠実」なあり方の一つなのですが、アサーティブなあり方でもっと大事なのは、自分自身にも「誠実」であることです。

自分に「誠実」であるとはどういうことか?

それは、自分の心、気持ちにウソをつかないということです。

相手を慮るあまり、自分の心に蓋をしてしまうということはないでしょうか?

「これを言ったら相手がどう感じるだろうか?」

「怒ったりしないだろうか?」

「傷ついたりしないだろうか?」

と気になり、本当の自分の気持ちに蓋をして言いたいことを言わない、断れない、Noと言えない…

もちろんこれらの気遣いは、大切なことです。

でも、自分の心にウソをついている以上、自分に対して「誠実」であるとは言えないですね。

自分の気持ちに正直に、誠実に向き合い、そしてそれを口にするかどうかは、自分で選択する。

自分にも相手にも誠実である。

もっと言えば、自分に誠実であるからこそ、相手に対しても誠実でいられる。

アサーティブなあり方はここから始まります。

文責:知識茂雄

コメントフォーム

Access Counter

Sponsored by

Copyright(c) 2013 株式会社ハート・ラボ・ジャパン All Rights Reserved.